ウェブブラウザ

ウェブブラウザ(インターネットブラウザ、WWWブラウザ)とは World Wide Web の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページを画面や印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。

機能


主要なウェブブラウザは同時に複数の情報リソースを扱う事ができる。別ウィンドウで表示したり、タブを使って同じウィンドウ内に表示させることができる。
主要ウェブブラウザ例

(wikipeadiaより引用)

Cookie

Cookieとは、訪問・利用したWebサイト情報の一部をパソコンのHDDに記憶しておく技術です。ブラウザによってCookieの保存場所に違いがあり、大抵はWebサイトの履歴やキャッシュ情報と同じように保管されています。ログインが必要な会員制サイトやショッピングサイトなど個人情報を必要とする場合に有用で、1度入力した情報を保持する事で再入力の手間を省きます。しかし、便利な反面でセキュリティ面に気をつける必要があり、危険なサイトのCookieをブロックするなどの対策が重要です。

GoogleChrome


Google Chrome(グーグル・クローム)は、HTMLレンダリングエンジンに WebKit (28以降はBlink) を採用し、Google が開発しているウェブブラウザである。
2013年4月3日、Google はGoogle Chrome のレンダリングエンジンをバージョン 28以降、WebKitからフォークした新たなレンダリングエンジンBlinkに変更すると発表した。ChromeはSafariなどWebKitを採用している他のブラウザと異なるマルチプロセス・アーキテクチャを根底においた仕組みのため、開発効率やイノベーションが低下傾向になり、それらの問題を解消するためとしている。
(wikipeadiaより引用)

Firefox


Firefoxとは、インターネット用のブラウザの一つであり、無料で使える上に高機能であるために、非常に人気の高いブラウザの一つとなっています。現在はいろいろなブラウザが発表されていますが、インターネットが普及してきた時代にはインターネットエクスプローラーだけであったブラウザに、様々な機能を搭載したブラウザとして登場し、たちまちネットユーザーの人気を集めていきました。しかし、Firefoxで表示できないサイトなどもあり、インターネットエクスプローラーやChromeなどと使い分ける必要があります。


遠山和久のインターネット情報
遠山和久のブログ

遠山和久 社長インタビュー-あくびコミュニケーションズ

遠山和久スライドショー
希望のヒカリの日記。

Author: admin on 2013年7月11日
Category: wiki
タグ:

Last articles