PCスピーカー

PCスピーカーとは、その名前のとおり、PC用のスピーカーのことを指します。
ノートPCやデスクトップPCの場合、スピーカーが内蔵されているモデルも多く存在しますが、PCスピーカーを使えば、さらに良い音で音楽などを楽しむことができるようになります。
ステレオミニジャック端子、光デジタル端子、USB端子などでPCと接続します。スピーカーの品質によって音質が変わるため、実際に聴き比べてみることが大切となります。

SONY


SONYは、壮大なスケールで音を表現することのできる商品です。特に、音楽、映画、ゲームなど、日常的によく用いられる音をしっかりと出してくれます。迫力を持った音が出てくるので、音楽や映画の楽しみが増えていきます。PCスピーカー:SONYでは、音量の調節なども適切に行うことができるので、必要以上に大きな音が出てしまうというトラブルを防ぐことができます。防磁の設計も取り入れていて、安心して使用することができます。PCスピーカー:SONYは、さまざまな調整を行うことが容易になっています。総合出力が40ワットなので、迫力のある音を聞きたい時でも、落ち着いた音を聞きたい時でも、調整しながら聞くことができます。特に注目されている点としては、低音域の部分を好みに合わせて調節することができる機能が搭載されている点が挙げられます。低音域の不愉快な音を避けることができ、快適な音楽を楽しむことができます。

オーディオテクニカ


オーディオテクニカの一番の特徴は、その再現音質の品質の高さです。再現音質にには定評のあるオーディオテクニカのスピーカー、ヘッドホン、マイクロホンですが、その高い品質は、技術開発力の高さと製品化につなげる力に裏付けられており、国内市場においてはのシェアナンバーワンを続けています。PCスピーカーについては、設置場所の影響を受けにくいフロントバスレフ方式で、バスレフダクトをフロント側に設け、伸びやかな重低音の迫力を実現しています。また、52mmスピーカーユニット搭載大口径の52mmフルレンジスピーカーユニットや高出力デジタルアンプを搭載し、奥行きのあるサウンドの再現を実現しています。そのデザインにおいても豊富なラインナップをもち、据え置き型、コンパクトタイプのいずれでも、限られたスペースでもより高音質を再現できるよう、操作部をフロント側へ集約するなど操作性を向上させる工夫がされています。

サンワサプライ


サンワサプライはパソコン用のサプライなどを開発・販売している企業です。USBメモリーやUSBハブやPCスピーカーなど多彩な商品ライナップがあり、オンラインショップや家電量販店で商品を購入出来ます。
一方で、自作パーツやストレージ関連商品は開発していません。PCスピーカー:サンワサプライの商品は、Bluetoothによる無線接続やコントロールに対応しており、近年ではNFC対応のスマートフォンを使って容易に接続や解除が出来るようになっています。
サンワサプライのPCスピーカーには様々なバリエーションがあり、コンポタイプやパソコンの両脇に置くタイプや持ち運びに便利なモバイルタイプがあります。
パソコンへの接続だけでなく、タブレット端末やスマートフォンなどとの連携も自在に出来るようになっています。無線接続だけでなく、非対応機器にはUSB接続でスピーカーを使用出来る仕様であり、幅広い機器に接続が可能です。

エレコム


PCスピーカー:エレコムという商品の特徴は、超小型という小ささを実現したことにあります。従来の製品と比較して、コンパクトな概観にすることに成功しています。小さいながらも、性能については以前と同等以上の高さを維持しているので、安心して使用することができます。
PCスピーカー:エレコムは、大きさについて配慮されているだけでなく、見た目の印象にも意識したデザインが採用されています。四角錐の美しい形をしたケースに、メタルコーンを採用しています。最大出力は6ワットで、実用的な面もあります。低音域、中音域、高音域など、各音域ごとにバランスの取れた良質な音を出すことができます。耳に優しい音を出してくれるスピーカーです。
従来製品で見られたような、音が机に反射してしまい、音が乱れてしまうという現象を防止する措置が取られています。PCスピーカー:エレコムは、本体の前面を傾けた構造にすることで、反射しづらいのです。

ビクター


ビクターというスピーカーは、最新の技術を駆使して作られた製品です。テレビの音声を聞き取る際、手元ではっきりと大きな音で聞こえてきます。テレビ用のスピーカーとして開発されているのです。アンプを内蔵して、高い性能を誇るスピーカーを搭載しているため、音の聞こえ方が従来の製品と異なっています。
PCスピーカー:ビクターの操作方法は、非常に簡単なものになっているので、あまり機器類を使用する機会のない人でも、すぐに操作に慣れることができます。電源の操作と、音量の調節方法を身につけていれば、音を聞くという基本操作ができます。
テレビから離れた場所に設置することも可能です。PCスピーカー:ビクターには、5メートルの長さのコードがつけられているので、離れたところで使用したいという人にも向いています。コードが余分になってしまった場合は、巻き取ることができる構造なので、邪魔になるような心配はありません。

ロジクール


ロジクールは、電力の供給方法に大きな特徴を持っている商品です。一般的なスピーカー製品というと、コンセントを差し込むことで、直接電源を確保することになりますが、直接の電源ではなく、USBを使用してパソコンなどから電源を取るようになっています。コンセントが不要になるので、どのような場所でも使用することができる魅力があります。
ロジクールは、さまざまなオーディオ機器と接続することが可能なジャックを使用しているので、所有している商品との互換性などを気にする必要がありません。ケーブルは、しっかりとした収納機能がつけられていて、見た目の印象を良くすることができます。
ロジクールの大きな特徴としては、操作方法が簡単になっていることが挙げられます。音量の調節や、電源の操作について、機器類の操作に慣れていない人でも、すぐに理解することができるような操作になっているのです。

マクセル


マクセルは、優れた品質の音を出すことができるスピーカーです。ワイヤレスで、簡単な接続をすることができるので、機器類の知識が乏しい人でも安心して使用することができます。Bluetoothを搭載していて、高い性能を発揮しています。PCスピーカー:マクセルは、3Dの音響技術を駆使しています。マルチペアリングによって、8台まで同時に登録することができます。さまざまな作業をこなしていく場合に、役に立つ機能です。本体の背面には電源を供給することが可能なUSB電源の出力端子が装備されているので、電源についての不安がありません。
PCスピーカー:マクセルには、スリープタイマーの機能も充実しているので、便利に使用することができます。日常に生活空間で、音の楽しさを味わうことが可能な商品です。デザインは、管楽器をモチーフとしていて、近代的な概観を保持しています。低音がしっかりと響くのが大きな魅力です。

ヤマハ


ヤマハは、楽器メーカーであり、質の良いスピーカー(銘機)を製造する伝統あるメーカーです。薄型テレビやPC、スマートフォンなどでの音楽や動画の再生が行われています。しかし、オーディオ専用のシステムではないため、高品質のサウンドの再生が出来ないのが現状です。そのような高品質の音の再生機器として、ヤマハは開発され、PCであってもオーディオシステムのような高品質の再生を可能にしています。PCスピーカーはコンパクト設計ですが、迫力のサウンド、こだわりの高音質設計となっています。

ヤマハの特徴は、全帯域にわたって自然な音質が得られます。そして、クリアな音質を保ちます。音量に合わせた低域補正を自動で行うラウドネスコントロールを搭載しています。コンパクトでありながら、迫力のある再生音を実現しています。利用方法は、付属ケーブルで簡単にPC接続できますので、気楽に高品質のサウンドを楽しむことが出来ます。

パイオニア


パイオニアは、オーディオビジュアル関連の機器として、独特の個性を持っている商品です。無線LANを使用することで、使用しやすい構造を取り入れることを実現しました。USBによる接続を行うことが可能です。非圧縮の音を伝えていくことができます。
パイオニアには無線LANを使用しているため、機器を接続する際の手間を省くことができます。離れた位置に置いてあっても、しっかりと認識するので、快適な作業を進めることができます。品質が良いので、出てくる音も魅力的です。
パイオニアの商品には、テクニカル・オーディオ・デバイセスという優れた技術も効果的に活用されています。他の種類の製品と比較して、しっかりとした音楽伝送を行うことが可能になっているのです。再生能力も高いので、安心することができます。各部分の性能を1つ1つ高めていくことで、全体的に優れた製品を作り出しました。

Author: admin on 2014年8月12日
Category: wiki
タグ:

Last articles